本文へスキップします。

【全・日】サイト内検索
サイト内検索
【全・日】ヘッドリンク
H1

電鋳耐火物

電鋳耐火物

よく精選された耐火原料をアーク溶融炉で1,900℃~2,500℃に加熱、完全に溶融し、その溶融物を所定の形状の鋳型に鋳造、徐冷固化して得られる耐火れんがです。一般の耐火物と比較して、その製法から、非常に緻密で強度が高く、また安定した鉱物で構成されるため、耐食性と耐摩耗性に優れた特性を発揮します。

ZB-X950シリーズ ZB-X9510 ZB-X9540

当社が長年培った電鋳耐火物製造技術を結実させ、独自に開発した超高級電鋳耐火物です。 ZB-X950 シリーズは、溶融ガラスに対して砂利や泡などの欠点を発生させにくいという極めて優れた特性をもっています。したがって、高品質が要求されるファインガラス溶融炉のガラス接触部に最適な電鋳耐火物です。また、これまでにボロシリケートガラス、アルミノシリケートガラス、結晶化ガラス、液晶用ガラスなどの溶解炉で使用され、高い評価と優れた実績を収めています。 

ZB-X950シリーズには、一般用途の ZB-X9510と高電気抵抗を有するZB-X9540の2種類があります。
なお、ZB-X9540 は特に高電気抵抗を必要とする全電気溶融ガラス炉の電極ブロックなどでの使用に適しています。

化学組成(%)
  ZB-X9510 ZB-X9540
SiO2 4.0 9.3
Al2O3 0.8 1.5
ZrO2 94.5 88
Na2O 0.4 0.02
Others 0.3 1.2


ZB-X950シリーズ

ジルコナイト(ZB)シリーズ

ジルコナイトは、厳選された原料をロングアーク法で溶融し、徹底した品質管理のプロセスを経て製造される高品質のAl2O3-ZrO2-SiO2(AZS)系電鋳耐火物であり、バデライト(ZrO2)およびコランダム(Al2O3)の結晶とマトリックスガラスから構成されています。

化学組成(%)
  ZB-1681 ZB-1681X ZB-1691 ZB-1691X ZB-1711
SiO2 13.5 10.5 12.0 12.5 12.0
Al2O3 52.0 55.3 50.8 50.0 45.8
ZrO2 33 33 35 36 41
Na2O 1.3 1.0 1.9 1.4 1.0
Others 0.2 0.2 0.3 0.2 0.2


ジルコナイト(ZB)シリーズ

マースナイト(MB)シリーズ

マースナイト(MB)は、高純度のアルミナ原料を2,000℃以上の高温で溶融し、所定の形状に鋳造して製造されるアルミナ系電鋳耐火物です。

化学組成(%)
  MB-G MB-C MB-U
SiO2 0.8 0.8 0.2
Al2O3 95.0 96.5 93.0
Na2O 3.5 2.0 6.5
Others 0.7 0.7 0.3

マースナイト(MB)シリーズ

鋳込み方法

電鋳耐火物は、原料を熔融し、その熔融物を鋳型に鋳造、冷却固化して製造します。この冷却固化の際、体積収縮に伴って生じる鋳込み巣は、電鋳耐火物の使用上、留意すべき重要なポイントです。通常、使用上問題のない部分に鋳込み巣が存在するRC品を配置して使用しますが、使用場所によっては鋳込み巣の部分を切除したENCまたはVF製品を使用します。AGCセラミックスでは、使用条件に応じて各種の鋳込み方法によって製造した電鋳耐火物を用意しています。

鋳込み方法による製造符号

鋳込み方法による製品符号

符号 名称 鋳込み方法
RC Regular Cast
(普通鋳込み)
通常の鋳込み法。鋳込み口(湯口)下部に鋳込み巣が存在する製品。
VF Void Free
(ボイドフリー)
鋳造冷却固化後、鋳込み巣部分を切除した鋳込み巣のない製品。
ENC End Cut
(エンドカット)
種瓦用として、VFと同様に鋳込み巣部分をほとんど切除した製品。

製品ラインアップと鋳込み方法

  ZB-X950 ジルコナイト(ZB) マースナイト(MB)
  ZB-X9510 ZB-X9540 ZB-1681 ZB-1681X ZB-1691 ZB-1691X ZB-1711 MB-C MB-G MB-U
RC - - - -
VF
ENC - - - - - -

内部品質保証(内部非破壊検査)

内部品質保証 イメージ画像ガラス溶解窯の重要部に使用される電鋳耐火物には、その内部品質においても高い品質保証が必要となります。
1994年4月世界で初めて、AZS(Al2O3-ZrO2-SiO2)系における、全ての種瓦(Side Wall)、スロートなどの重要部位について内部品質検査を開始いたしました。
この内部品質検査の採用により、内部にブローホールがあるような異常品混入の防止を実現し、ガラス溶解炉全体としての信頼性の向上、耐用年数の延長に貢献しています。

ページトップへ